伊勢西国三十三所観音巡礼 〜もう一つのお伊勢参り〜

千福寺

お寺詳細

一覧で見る

地図で見る

お車での巡礼ルート

お寺の歴史(縁起)

縁起によると、本尊の手引き十一面観世音菩薩は、推古天皇15年(607)聖徳太子が神勅をうけ像高5尺(約150cm)の尊像を一刀三礼彫刻された霊像にして、無量山に一宇を建て安置された。これが当山の草創と伝える。その後大徳泰澄が来山し七堂伽藍を建立し、人々の信仰を集め、益々寺運は興隆した。
 平安後期花山法皇(986天皇退位)は西国三十三所霊場の再興を発願され、当地を通行の折、当山に不思議な雷光あれ、吉兆の立ち上るを見て、衆生済度のため、当山に参篭して祈願を続けられた。
 17日目にして、法皇自ら霊告を感得。「是より西国への途次、熊野八鬼山に山賊現れ人々に危害を与えること著し、爾後当山へ参詣の人々は手引して護り、厄難を救い、八鬼退治、願望成就のご利益を与えよう」と誓われた。
 この時より当山を「手引観音」と称されるようになった。と伝えられている。
 承安元年(1171)後白河法皇が西国霊場の再中興を発願せられた際も、当山に参篭祈願をなされている。
 時は下り、大永年間(1512~28)国司北畠氏の祈願所となった。その後永禄の兵火(信長時代)に罹り、灰燼となるが幸にも本尊は恙無きを得て無事であった。以後今日に至るまで、本尊の大悲福利は広く人々に知られ、参詣者が絶えない。
 当山は三重四国八十八ヵ所第76番霊場である。

写真をクリックすると拡大表示します。

  •  
  •  
  •  
  •  

概要

  • 山号

    無量山(むりょうざん)

  • 寺号

    千福寺(せんぷくじ)

  • 宗派

    真言宗 山階派

ご案内

  • 住所

    三重県多気郡大台町柳原201

  • 電話

    0598-85-0077

  • 御朱印場所

    当寺受付

  • 参拝時間

    9時〜16時

  • 公式サイト

見どころ

 

年中行事
 ・2月18日:春の大縁日・諸願成就護摩修行
 ・8月9日~10日:四万六千日縁日(9日は夜観音)
 ・9月18日:秋の大縁日・諸願成就護摩修行
 ・毎月18日 手引観世音縁日・家内安全大祈祷

印刷用データを開く